サイトデザイン変更中につき、読みづらい部分があります。ご容赦くださいませ。

AnySwapの使い方 | BSCからPolygonにUSDCを送金する方法

[chat face=”komatta_man2.png” name=”USDCをSwapしたい人” align=”left” border=”gray” bg=”none”]BSCにあるUSDCをPolygonに移したいな…。

AnySwapを使えば良いらしいけど、どうやってやるんだろう。分かりやすく解説してほしい…。[/chat]

このような悩みや疑問を解決します。

本記事を読めば、AnySwapを使ってBSCからPolygonにUSDCを送金できるようになりますよ!

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

AnySwapの使い方 | BSCからPolygonにUSDCを送金する方法

AnySwapを使ってBSCからPolygonにUSDCを送金するには、以下の3ステップが必要です。

  • 手順① : MetaMaskでUSDCトークンを追加しておく
  • 手順② : MetaMask(Polygon)でAnySwapに接続する
  • 手順③ : BSCからPolygonにUSDCをSwapする

順番に解説していきます。

手順① : MetaMaskでUSDCトークンを追加しておく

BSCからPolygonへの送金を確認するには、PolygonNetworkでUSDCを登録しておく必要があります。

まずはMetaMaskを開いて「トークンの追加」を選択しましょう。

AnySwap 使い方1

USDC(Polygon)のコントラクトアドレスは、CoinMarketCapで確認できます。

AnySwap 使い方2

参考 : USD Coin(USDC)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

コピーしてきたのが、以下のアドレスです。

[jin-iconbox08]0x2791bca1f2de4661ed88a30c99a7a9449aa84174[/jin-iconbox08]

こちらコピーして「トークンコントラクトアドレス」にペーストしましょう。

AnySwap 使い方3

「次へ」をクリックすると、以下のようにトークン追加の画面に切り替わります。

こちら「トークンの追加」でUSDCを登録しましょう。

AnySwap 使い方4

これでPolygonNetworkにUSDCを送金したら確認できるようになりました。

手順② : MetaMask(Polygon)でAnySwapに接続する

MetaMaskでBSCに切り替えてから、AnySwapにアクセスしましょう。

参考 : AnySwap – Cross Chain Protocol

※ちなみにURLは「https://stable.anyswap.exchange/#/」です。「https://anyswap.exchange/」ではないので注意しましょう。

アクセスしたら右上の「Connect to a wallet」をクリックします。

AnySwap 使い方5

MetaMaskを選択しましょう。

AnySwap 使い方6

MetaMaskを使用してAnySwapに接続するために承認が必要です。

ポップアップで「次へ」をクリックし、接続を完了させましょう。

AnySwap 使い方7

これでAnySwapへの接続が完了しました。

手順③ : BSCからPolygonにUSDCをSwapする

それではUSDCをSwapしていきます。

今回はBSCのUSDCをPolygonのUSDCにSwapするので、以下のように設定しましょう。

  • From : USDC / BSC mainnet
  • To : USDC / MATIC mainnet

送金する枚数は、最低12USDCからです。今回は最低取引枚数で送金していきたいと思います。

ちなみに、Poolに表示されている数量を超えるUSDCは選択できません。

AnySwap 補足

タイミングによっては、十分なPoolが存在せずSwapできない可能性があります。その場合は、xPollinateなどの代替手段を使いましょう。

以下のように入力できたら「Swap」をクリックします。

AnySwap 使い方9

次の画面では「Confirm」をクリックします。

AnySwap 使い方10

MetaMaskの承認ポップアップが表示されます。

今回は0.000483BNB(=約22円)の手数料が必要らしいです。イーサリアムと比較すると本当にガス代が安いですね…!

問題なければ「確認」をクリックしてSwapします。

AnySwap 使い方11

無事にSwapできると、画面右上が「1Pending」になるはずです。

数分でSwapが完了するはずなので、少し待ちましょう。

AnySwap 使い方12

送金が完了すると、以下のように表示されます。

AnySwap 使い方13

あとはMetaMaskで送金できているか確認してみましょう。

無事に11.1USDCがPolygonへSwapできていますね!

AnySwap 使い方14

お疲れさまでした^^!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

たくさんPythonを紹介するYouTuberです(登録者1.94万人) | フリーランスで機械学習/分析案件も請けています(経験業界 : 金融, 情報通信, サービス) | 元プログラミングスクール講師

目次
閉じる