【1/31まで】無料で3,100円分のビットコインをもらう »

【安全?】Braveブラウザはどこの国で開発された?中国?【調査結果を紹介】

Braveブラウザ どこの国
困っている人

Braveブラウザってどこの国で開発されたの?

Google検索すると「中国」って表示されるけど安全なのか、誰か分かりやすく教えてくれないかな…

そんな悩みや疑問を解決します。

この記事で分かること
  • Braveブラウザとは
  • Braveブラウザはどこの国で開発された?中国?【調査結果】
  • Braveブラウザを使ってみた感想・レビュー
  • Braveブラウザの始め方・使い方
  • Braveブラウザに関するよくある質問(FAQ)

結論から言うと、Braveブラウザは安全に利用することができます!

この記事を読めば、Braveブラウザの開発元が分かり、Braveブラウザを安心して使えるようになりますよ

ぜひBraveブラウザを導入して、広告なしでYouTubeを見ましょう!

管理者プロフィール

はやたす

以下の実績や経験を持つ僕が記事の執筆・監修をしています!

  • 投資歴3年 / 資産8ケタ
  • 金融系企業での勤務経験あり
  • 身銭を切ってDeFiやNFTゲームをリサーチ

なお、Braveブラウザで貯めた仮想通貨BATを受け取るには、ビットフライヤーの口座開設が必要です。

10分の口座作成さえ済ませてしまえば、あとは勝手に仮想通貨BATが入金されます!

不労所得を獲得したい人は、記事を読み進む前に口座開設しておきましょう。

\ 最短10分&仮想通貨BATを受け取るなら /

目次

そもそもBraveブラウザとは?【次世代のWebブラウザ】

Braveブラウザ

Braveブラウザとは、「Google Chrome」や「Safari」と同じく、インターネット検索するためのツール(=Webブラウザ)です。

他のWebブラウザと違うのは、なんといっても広告をブロックできること。

余計な広告が表示されないので、高速で快適にインターネットを閲覧できます

またBraveブラウザは、使っているだけで仮想通貨BATを稼げます。

はやたす

しかもやり方は簡単!設定方法は後で解説しますね!

仮想通貨をタダで稼げるし、インターネット検索も快適になるので、ぶっちゃけ使わない手はないです!

Braveブラウザはどこの国で開発された?【調査結果を解説】

Braveブラウザの開発国や安全性について、以下5つの調査結果を紹介します。

  • 開発企業はアメリカのBrave Software社
  • 開発者は有名プログラマのブレンダン・アイク氏
  • 大学の研究で「安全」と報告された
  • Google Chromeにも使われるコードが元になっている
  • ユーザー数が急増している

これらを読めば、Braveブラウザを安全に使える理由が分かりますよ!

開発企業はアメリカのBrave Software社

Braveブラウザの開発企業は、アメリカのカリフォルニア州にある「Brave Software社」です。

企業名Brave Software社
設立2015年
所在地アメリカ(カリフォルニア州 サンフランシスコ)
創設者ブレンダン・アイク氏
公式サイトhttps://brave.com/ja/
公式Twitter@BraveSoftwareJP

Brave Software社の公式サイトには、15人以上の運営陣の名前と顔写真を公開されています。

Braveブラウザ 企業

»参考:Braveについて | Brave Browser

またBraveブラウザのプログラムは、インターネット上に公開されています。

そのため開発に関わった主要メンバーも確認可能です。

Braveブラウザ メンバー

»参考:People · Brave Software · GitHub

はやたす

開発メンバーや運営企業の情報を見る限り、中国との関係性を確認できませんね!

ちなみに国内では、2019年8月にBrave Software Asia株式会社が設立されました。

2022年11月には、ボクシング前WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太選手が、Braveアンバサダーに就任しています。

国内でのPRにも力を入れているので、今後は日本での普及が期待できますね!

開発者は有名プログラマのブレンダン・アイク氏

Braveブラウザの開発者は、IT業界で有名なアメリカ人プログラマのブレンダン・アイク氏です。

Braveブラウザ 創設者

ブレンダン・アイク氏は、プログラミング言語「JavaScript」の開発者として知られています。

さらに、Webブラウザ「Firefox」の開発元である「Mozilla Foundation」の共同創立者であることから、IT業界では「超有名人」と言えるほどの知名度と実績を兼ね備えた人物です。

はやたす

僕もプログラマだから、ブレンダン・アイク氏がどれだけすごいか分かります…!

大学の研究で「安全」と報告された

アイルランド最古の国立大学「トリニティ・カレッジ(ダブリン大学)」の研究で、Braveブラウザは以下6つの中で「最もプライバシーが確保されている」と報告されました。

  1. Google Chrome
  2. Mozilla Firefox
  3. Brave Browser
  4. Apple Safari
  5. Microsoft Edge
  6. Yandex Browser

»参考:browser_privacy.pdf

はやたす

Safariよりプライバシーが確保されているって考えると、なかなか安心して使えますよね!

さらに角川アスキー総合研究所の調査では、主要7ブラウザの中で最もページ読み込み速度が早いブラウザに選ばれています。

Braveブラウザ 速度比較

セキュリティが高く、ページの読み込みも早いので、ぜひとも使いたいブラウザですね!

Google Chromeにも使われるコードが元になっている

Braveブラウザは、Google Chromeと同じ「Chromium」をベースとして開発されています。

Chromium(クロミウム)とは

Chromium(クロミウム)とは、フリーかつオープンソースのウェブブラウザ向けのソースコードです。Googleが開発・管理しています。

Google Chromeと同じコードを使うと、以下の3つのメリットがあります。

  • 見た目や使い勝手がGoogle Chromeに近い
  • Google Chromeの拡張機能を引き継ぐことができる
  • Google Chromeのブックマークを引き継ぐことができる

そのため普段からGoogle Chromeを使っている人は、ほとんど同じようにBraveブラウザを利用できます。

ちなみにBraveブラウザ自体のコードも、「Chromium(クロミウム)」と同じくソースコードが公開されています。

»参考:GitHub – brave/brave-browser

ユーザー数が急増している

Braveブラウザの月間アクティブユーザー数は右肩上がりで、5年間で120万人から5,020万人に拡大しています

Braveブラウザ 成長率

»参考:Braveの月間アクティブユーザ数が5000万人を突破、5年連続で2倍増を達成 | Brave Browser

年々2.2倍の成長を遂げたのは、以下のようなユーザーの要望が反映された結果だと考えられます。

  • より安全に使いたい:主要な6つのブラウザの中で最もプライバシーが確保されている
  • 読み込み時のストレスをなくしたい:主要7ブラウザの中で、最もページ読み込み速度が早い

一方で、他のブラウザと比較すると、まだユーザー数が多いと言えないのが現状です。

以下は世界のデスクトップブラウザ市場のシェアを比較した表になります。

順位ブラウザ世界のデスクトップブラウザ市場シェア
1Google Chrome77.03%
2Safari8.87%
3Mozilla Firefox7.69%
4Microsoft Edge5.83%
5Internet Explorer2.15%
6Opera2.43%
7QQ1.98%
8Sogou Explorer1.76%
9Yandex0.91%
10Brave0.05%

»参考:世界のデスクトップブラウザ市場シェア2023 年版

上記からBraveブラウザは10位にランクインしており、まだまだシェアが小さいことが分かります。

はやたす

捉え方によっては「まだまだ伸び代のあるWebブラウザである」とも考えられますね!

Braveブラウザと中国の関係について【結論:関係ありません】

なお、Google検索で「Brave ブラウザ」と入力すると、「Brave ブラウザ 中国」のように表示されることがあります。

Braveブラウザ 中国


これを見て少し不安に感じる方がいるかもしれません。

ですが以下の理由から、Braveブラウザと中国には「まったく関係がない」と言えます!

  • 開発の主要メンバーを見ても、中国人らしき名前が見つからないため
  • GoogleマップでBrave Software社を検索すると「アメリカ」が表示されるため
  • AppleマップでBrave Software社を検索すると「アメリカ」が表示されるため
  • アメリカのIT業界は中国排除の動きを強めているため

開発の主要メンバーを見ても、中国人らしき名前が見つからないため

Braveブラウザのソースコードは、Githubで公開されています。

»参考:People · Brave Software · GitHub

そこで記載されている開発者一覧を見ても、中国人らしき名前は見当たりません。

Braveブラウザ メンバー

GoogleマップでBrave Software社を検索すると「アメリカ」が表示されるため

GoogleマップでBrave Software社を検索すると、アメリカの住所が表示されます。

BraveSoftware Googleマップ検索
はやたす

サンフランシスコなので、モロにアメリカです!!

AppleマップでBrave Software社を検索すると「アメリカ」が表示されるため

同様にしてAppleマップでもBrave Softwareを検索してみました。

BraveSoftware Appleマップ検索

こちらもやはり、サンフランシスコの住所が表示されています。

アメリカのIT業界は中国排除の動きを強めているため

そもそもアメリカのIT業界は、以下のように中国排除の動きを強めています。

  • 中国系アプリ「TikTok」の利用禁止
  • 中国企業「HUAWEI(ファーウェイ)」排除
はやたす

GoogleやAmazonといった有名企業が覇権を取るためには、中国と仲良くしている場合ではないですからね…!

そのためBrave Software社と中国は全く関係がありません。

唯一見つかったのは、過去に実施していたBraveの紹介プログラムで、中国が不正紹介の多い国として特定されたことです。

»参考:Brave公式サイト「Braveの紹介プログラムに関する重要なお知らせ」

ゆえにBraveブラウザの開発とは何の関係もありません。

Braveブラウザを使ってみた感想・レビュー

Braveブラウザの利用にあたって不安に感じる人も多いと思うので、僕が実際に使ってみた感想やレビューを紹介しますね!

使ってみて分かった!Braveブラウザのメリット
  • 広告ブロック機能が便利
  • 高速で快適に使える
  • 仮想通貨BATを稼げる
  • ChromeやSafariから簡単に移行できる
  • 無料でYouTubeプレミアムと同じ機能を使える

広告ブロック機能が便利

まずBraveブラウザの広告ブロック機能が便利だなと感じました。

はやたす

たとえばBloomberg(ブルームバーグ)を開いてみましょう!

Google Chromeで確認

Google Chromeだと、以下のように広告が表示されます。

how-to-use-brave-browser2

Google Chromeで確認

一方でBraveブラウザだと、広告がきれいサッパリ消えています…!

how-to-use-brave-browser3

このようにBraveブラウザを使うと、すべてのWeb広告をブロックして快適にネットサーフィンできます

また、BraveブラウザはWebサイトだけでなく、YouTubeの広告もブロックできます

広告を非表示にするために、YouTuve Premiumに課金する必要はありません。

はやたす

僕もYouTuberで広告収入をもらっていますが、それでもBraveブラウザをおすすめします!笑

高速で快適に使える

Braveブラウザでは広告が表示されないので、高速で快適にインターネット検索できます。

公式サイトによると、Google Chromeより3倍も高速で表示できるらしいです。

how-to-use-brave-browser4
はやたす

本当に3倍か分かりませんが、たしかにGoogle Chromeより高速だと実感しています!

また、余計な広告を読み込まないので、バッテリー消費もおさえられます

動画を見ているとすぐにバッテリー消費すると思いますが、それは容量が重いコンテンツだからです。

広告では画像や動画が使われているので、表示回数が多いとバッテリー消耗が早くなります。

スマホやパソコンを長持ちさせる意味でも、Braveブラウザを使うと良いですね。

仮想通貨BATを稼げる

Braveブラウザでブロックした広告を、敢えて表示させることで仮想通貨BATを獲得できます

こうやって聞くと「広告が表示されるならBraveを使う意味ないじゃん」って思いますよね。

そこで広告を表示した状態で、Braveブラウザを使ってみました!

Braveブラウザ 使ってみた

この背景が広告になっているのですが…、ぶっちゃけオシャレな待受画像にしか見えないですよね。

はやたす

だから広告表示をONにしていても、快適にネットサーフィンできますよ!

ChromeやSafariから簡単に移行できる

「Google Chrome」や「Safari」からBraveブラウザに乗り換える場合は、たったの4ステップで簡単に移行できます。

はやたす

ここではGoogle Chromeからインポートする方法を紹介しますね!

まずはBraveブラウザを開いて画面右下の設定ボタンをクリック。

how-to-use-brave-browser12

ここで「ブックマークと設定のインポート」を選択します。

how-to-use-brave-browser23

次の画面でインポートするブラウザを選べるので、「Chromeユーザー1」に切り替えましょう。

how-to-use-brave-browser24

インポートするデータは好きなものを選択してください。

はやたす

閲覧履歴はチェックを外しても良いと思います!

チェックを入れたら「インポート」をクリックします。

how-to-use-brave-browser25

これで「ブックマーク」や「拡張機能」のインポートが完了しました!

はやたす

いま他のブラウザを使っていても、簡単に移行できますね!

無料でYouTubeプレミアムと同じ機能を使える

Braveブラウザを使えば、YouTubeプレミアムで提供されている以下のような機能を無料で利用できます

  1. CM広告のブロック
  2. バックグラウンド再生
  3. オフライン再生

CM広告のブロック

Braveブラウザを使ってYouTubeを開けば、CM広告をブロックして快適にYouTubeを楽しめます。

はやたす

YouTubeプレミアムに課金しなくても大丈夫です!

バックグラウンド再生

バックグラウンド再生とは、別のアプリを操作したり画面を消したりしても、YouTube動画を再生できる機能です。

はやたす

設定方法は、たったの3ステップ!

まずはBraveブラウザのスマホアプリで、画面右下の「・・・」をタップ。

Braveブラウザ バックグラウンド再生

次の画面で「設定」を開きます。

Braveブラウザ バックグラウンド再生

ここで「音楽のバックグランド再生を有効にする」をオンにすれば、バックグラウンド再生できるようになります。

とても簡単なので、ぜひ使ってみてください!

オフライン再生

Brave Playlist(プレイリスト)を使うと、インターネットに接続しなくてもYouTube動画を再生できます。

はやたす

オフライン再生も、たったの3ステップです!

まずは画面下部の「+」をタップ。

Braveブラウザ オフライン再生

ここで「Brave Playlistで開く」を選択します。

Braveブラウザ オフライン再生

読み込みが完了して「〇〇MB」と表示されたら準備完了です。

Braveブラウザ オフライン再生

これだけで動画をオフラインで再生できるようになります。

ちなみに「バックグラウンド再生」と「オフライン再生」はiOS13以上のみ対応です。

2019年9月以降にスマホをアップデートしていれば問題なく使えますよ!

Braveブラウザの始め方・使い方

Braveブラウザを使うには、以下の4ステップです。

  1. Braveブラウザをダウンロードする
  2. Brave Rewardsで広告を表示設定する
  3. ビットフライヤーで口座開設する
  4. ビットフライヤーと連携する
はやたす

さっそく設定を済ませていきましょう!

手順①:Braveブラウザをダウンロードする

まずは公式サイトにアクセスして、Braveブラウザをダウンロードします。

»参考:広告ブロッカーで、セキュアで高速なプライベートウェブブラウジング | Brave Browser

ページを開いたら「Braveをダウンロード」をクリック。

how-to-use-brave-browser5

するとダウンロードが開始します。数十秒かかるので、少し待ちましょう。

how-to-use-brave-browser6

ダウンロードが終わったら、画面下部の赤枠をクリック。

how-to-use-brave-browser7

以下のポップアップが表示されるので、「Brave Browser」のアイコンを長押しして、「Applications」に移動してください。

how-to-use-brave-browser8

これでBraveブラウザのインストールは完了です!

手順②:Brave Rewardsで広告を表示設定する

すでにBraveブラウザを使えますが、仮想通貨BATを稼ぐためにいくつか設定しましょう。

まずはアプリケーションに入っている「Brave Browser」を開きます。

how-to-use-brave-browser9

以下のポップアップが表示されますが、今は「あとで」を選択しておきましょう。

how-to-use-brave-browser10

Braveブラウザを起動したら、「ウェルカムツアーをスキップする」をクリック。

how-to-use-brave-browser11

Braveブラウザのトップ画面に切り替わったら、画面右下の設定ボタンをクリックしましょう。

how-to-use-brave-browser12

ここで各種設定をおこなえます。

今は仮想通貨BATを稼げるように設定したいので、「Brave Rewards」を選択。

how-to-use-brave-browser13

ここで赤枠のスイッチが「オン」になっていることを確認します。

※もし「Brave Rewardsの使用を開始」ボタンが表示されていたら、クリックすれば以下と同じ画面になります。

how-to-use-brave-browser14

最後にスイッチの左にあるメニューボタンをクリック。

how-to-use-brave-browser15

ここで広告を表示する頻度を決めましょう。

how-to-use-brave-browser16

広告を表示する頻度が多ければ多いほど、仮想通貨BATを稼ぐことができます。

「広告が表示される」といっても、YouTubeとかWebページみたいに妨害するくらいの大きさではありません。

「1時間に10件の広告」でも問題ないと思います!

手順③:ビットフライヤーで口座開設する

Braveブラウザで稼いだ仮想通貨BATを受け取るには、ビットフライヤーの口座が必要になります

ビットフライヤーは、スマホメインで仮想通貨を始めたい人にもオススメの取引所です!

recommend-bitflyer

10分の口座作成さえ済ませてしまえば、あとは勝手に仮想通貨BATが入金されるので、今のうちに登録しておきましょう。

\ 最短10分&仮想通貨BATを受け取るなら /

※口座開設で分からないところがあれば、ビットフライヤーで口座開設する方法を確認してみてください。

手順④:ビットフライヤーと連携する

ビットフライヤーで口座開設できたら、Braveブラウザと連携しましょう。

まずは「Brave Rewards」の画面で、「未認証」をクリックします。

how-to-use-brave-browser17

次の画面では「続ける」をクリック。

how-to-use-brave-browser18

ウォレットサービスでビットフライヤーを選択しましょう。

how-to-use-brave-browser19

ログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力。

how-to-use-brave-browser20

ここでBraveブラウザとの連携を許可しましょう。

how-to-use-brave-browser21

Braveブラウザの画面に戻ると、認証済みと表示されているはずです。

how-to-use-brave-browser22

これでBraveブラウザとビットフライヤーの連携も完了しました。

はやたす

あとはインターネット検索をしていれば、仮想通貨BATを稼げますよ!

より詳しいBraveブラウザの使い方は、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【保存版】Braveブラウザの使い方【ダウンロード方法やデメリットも解説】 Braveブラウザが良いって聞いたから使ってみたい!Braveの使い方だけでなく、ダウンロード方法やデメリットもあわせて、誰かわかりやすく教えてくれないかな... そんな...

Braveブラウザに関するよくある質問(FAQ)

最後にBraveブラウザについて、よくある質問に回答していきます。

Braveブラウザは無料で使える?

もちろん無料で使えます。

無料なのに仮想通貨BATをもらえるので、使わない手はないと思います!

Braveで獲得できる仮想通貨BATとは?

BAT(ベーシックアテンショントークン)は、Braveブラウザで使われる専用の仮想通貨です。

本記事では紹介しませんでしたが、実は稼いだBATを投げ銭に使えます。

また、今後は仮想通貨BATがeコマースで使えるようになるみたいです。

how-to-use-brave-browser30

仮想通貨BATは簡単に日本円にできる?

ビットフライヤーの口座があれば、スマホアプリを2タップするだけで日本円にできますよ!

仮想通貨と聞くと難しく感じますが、とても簡単に日本円をゲットできますよ!

まとめ:Braveブラウザを使い倒そう!

というわけで、この記事では「Braveブラウザはどこの国で開発されたのか」を紹介しました。

Braveブラウザは、広告をブロックするだけでなく、仮想通貨BATを獲得できるツールです。

そう考えると、Braveブラウザを使わないほうが損です。

はやたす

ぜひ今日からBraveブラウザを使って、仮想通貨を稼ぎながら快適にネットサーフィンしましょう!

»【無料】Braveブラウザをダウンロードする

なお、Braveブラウザで貯めた仮想通貨BATを受け取るには、ビットフライヤーの口座開設が必要です。

10分の口座作成さえ済ませてしまえば、あとは勝手に仮想通貨BATが入金されます!

Braveブラウザのダウンロードとあわせて、今のうちに口座開設しておきましょう。

\ 最短10分&仮想通貨BATを受け取るなら /

※登録方法が分からないときは、「ビットフライヤーで口座開設する方法」を参考にしてみてください。

無料でビットコインをもらう

Braveブラウザで仮想通貨BATを獲得するだけでなく、ビットコインを0円でゲットしておきましょう!

あわせて読みたい
【1/31まで】無料で3,100円分のビットコイン(仮想通貨)をもらう方法【知らないと損】 仮想通貨に興味はあるけど、投資で損したくないな...自分で買わずにビットコインをもらうことはできないかな... そんな方に向けて、無料でビットコインや仮想通貨をもら...

Braveブラウザの使い方

詳しいBraveブラウザの使い方は、以下の記事をどうぞ!

あわせて読みたい
【保存版】Braveブラウザの使い方【ダウンロード方法やデメリットも解説】 Braveブラウザが良いって聞いたから使ってみたい!Braveの使い方だけでなく、ダウンロード方法やデメリットもあわせて、誰かわかりやすく教えてくれないかな... そんな...
SNSに投稿して読み返す
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

追伸:無料のLINEマガジンを始めました!

仮想通貨リテラシーを上げるためのLINEマガジンを始めました!

本やネットを見ても、難しくてあんまり理解できない...」という人のために、「失敗しない!仮想通貨の始め方」の動画プレゼントも準備しています。

  • これから仮想通貨を始めたい
  • いま流行りのNFTに触れてみたい
  • DeFiを使って資産運用をしていきたい

このように感じていたら、ぜひチェックしてくださいね!僕が出版した書籍の無料配布もLINEで案内しています。

» LINE公式アカウントはこちら

※LINEアカウントは配信数に限りがあるので、いつフォームを閉じるか分かりません。早めに登録することをお勧めします!

この記事を書いた人

会社員 | 30代 4歳の娘のパパ | 2年後の地方移住&フリーランスを目指して副業を始める | テクノロジーを学んで暮らしを豊かにする方法を発信したい!| webライター | NFTブログ | Python | STEAM教育 |

目次