【第2のSTEPN?】Step.App(仮想通貨FITFI)とは?特徴や購入方法を解説

Step.App 仮想通貨 FITFI
  • URLをコピーしました!

こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。

Step.AppとかFITFIって良いらしいけど、「一体どんな特徴なんだろう…」と気になっていませんか?

Twitterで流行っているから気になるけど、日本語だとなかなか情報がなくて困っていますよね。

そこで本記事では「Step.Appと仮想通貨FITFIの特徴や購入方法」を紹介していきます。

はやたす

Step.Appは、億り人を量産した次世代のSTEPNだと言われていて、いま世界中で大きな注目を集めています!

そんな話題のStep.Appについて、日本初の解説をしていきます。

※なお、本記事を執筆している時点で、Step.Appのアプリケーションは公開されていません。あくまでもライトペーパーをリサーチして書いてるので、確定していない情報が含まれることをご承知おきください!

1分で分かるStep.Appまとめ
  • Step.AppはMove to Earnというコンセプトを持ったアプリケーション
  • Fitness Financeアプリケーション開発の基盤構築を目的としている
  • 使用しているブロックチェーンはAvalanche(Avalanche Subnet)
  • 2022年Q2にジェネシスのスニーカーNFTとベータ版を公開予定
  • メインネットのローンチは2022年Q3を予定
  • $FITFIと$KCALのデュアルトークンシステムを採用
  • $FITFIは、ガバナンス投票・ステーキング・流動性提供に使われる
  • $KCALは、スニーカーNFTのミント・修理に使われる
  • スニーカーNFTをステーキングすることで$KCALを獲得できる
  • $FITFIを購入するなら日本語に対応しているBybit(バイビット)がおすすめ
目次

Step.Appとは

Step.Appは、Move to Earn(運動して稼ぐ)というコンセプトを持ったアプリケーションです。

健康維持のために運動しながら、仮想通貨を稼いだり、他の人と交流したり、ライバルと競争したりできます。


ブロックチェーンを使っているのはもちろん、Step.AppではメタバースやAR(拡張現実)を搭載することで、ソーシャル型・対戦型というだけでなく没入感を大切にしています。

そうすることで、初めて仮想通貨を体験する人々を魅了するのが目的だそうです。

Step.Appの特徴

基本的には「Step.AppはM2Eのアプリである」という理解で大丈夫です。

ただ、STEPNやGenopetsを含む他のM2Eとの違いもあるので、以下ではStep.Appの詳しい特徴を紹介していきます。

Step Protocolの最初のアプリケーション

Step.Appは、Step Protocolの最初のアプリケーションです。

ではStep Protocolとは何かというと、FitFi / Fitness Finance(≒Move to Earn)のアプリケーションを開発できるツールや環境になります。

つまり、Step.Appの開発チームが掲げている最終的な目標は、1つのアプリケーションを開発するのではなく、FitFiアプリケーションの開発基盤を作ることです。

言うなれば、Step.Appは客寄せパンダみたいなものですね(笑)


誰でもFitFiアプリを開発できるように、Step Protocol SDKが準備されています。

はやたす

SDKはアプリケーションを開発しやすくするツールみたいなものです!

Step Protocol SDKを使うことで、以下の必要な機能をすぐに導入できるので、簡単にWeb3 FitFiアプリを作成することが可能です。

  • ジオロケーションテクノロジー
  • NFTミンティングと取引機能
  • ユーザーオンランプ
  • トークンの仕組み

最終的に、Step Protocolで何千ものチーム、プロジェクト、企業がFitFiアプリケーションを開発することを想定しています。

STEPNやGenopetsとの違い

結論から言うと、「目指している目的」と「使っているブロックチェーン」が違います。

STEPNやGenopetsは、1つのFitFiアプリケーションです。どちらのアプリケーションも、独自にSolana上で構築されています。

Step.Appのチームは、このような各々でFitFiアプリを作る必要がある開発コストの高さや、色々なアプリケーションが点在している状態を問題視しています。

そして、この問題を解決するためにStep Protocolを導入し、Fitness Finance業界を盛り上げることを目標にしています。

はやたす

つまり、Step.Appの方が掲げている目標がデカいです!

また、Step.AppではAvalanche(正確にはAvalanche Subnet)が使われています。

$FITFIと$KCALのデュアルトークンシステム

Step.Appには、ガバナンストークンの$FITFIと、ゲーム内トークンの$KCALがあります。

他のゲームと比較するなら、以下のようになりますね。

ゲーム名ガバナンストークンゲーム内トークン
Step.App$FITFI$KCAL
STEPN$GMT$GST
Axie Infinity$AXS$SLP

あとで詳しく紹介しますが、$FITFIはステーキングや流動性を提供することで、限定アイテムのロック解除やNFT取引手数料が割引される特典があります。

一方の$KCALは、スニーカーや修理に利用され、スニーカーをステーキングしてランニングすることで獲得できます。

VCの参入がなく、コミュニティ重視

Step.Appのガバナンストークンである$FITFIは、VCやファンドによる初期の購入がありません。

DAOMakerでIDOがおこなわれ、誰もが同じ「価格」と「条件」で$FITFIを購入する機会が与えられました。

Step.Appの仮想通貨 | $FITFIと$KCALの使い道

次にStep.Appで使われる仮想通貨$FITFIと$KCALについて解説します。

Step.AppはSTEPNからヒントを得ているので、トークン設計は似ている部分が多々あります。

ガバナンストークン | $FITFIの使い道

ガバナンストークン$FITFIは、ガバナンスの投票はもちろん、ステーキングや流動性提供に使われます。

$FITFIをロックすることで、特定のスニーカーNFTやアバターのスキンをアンロックできます。

はやたす

限定スニーカーをアンロックするには$FITFIが必要で、NFTのミントには$KCALが必要ってことですね!

アバターは、リーダーボードや友達一覧、またマップ上で見ることができるみたいです。

さらに$FITFIをステーキングしておくと、NFTの取引で発生する2.5%の手数料が2%に割引されます。

NFTの取引で徴収された手数料は、最大50%がステーキング報酬として支払われます。

ゲーム内トークン | $KCALの使い道

ゲーム内トークン$KCALは、スニーカーNFTのミントや修理に使われます。

はやたす

Step.AppのスニーカーNFTを入手するには、この$KCALを使うしかありません!

また、ゲットしたスニーカーNFTをステーキングして運動すると、さらに$KCALを獲得できます。

つまり、スニーカーNFTと$KCALは、所有すればするほど以下のような錬金術が可能です!

  1. $KCALでスニーカーNFTをミントする
  2. スニーカーNFTをステーキングして運動することで$KCALをもらう
  3. 運動してゲットした$KCALで、さらにスニーカーNFTをミントする
  4. …以後ループ…

ただし、$KCALの支払いは10日単位でおこなわれるため、期日前にステーキングを解除すると、支払い予定だった$KCALがバーン(焼却)されます。

余談:プロトコル収益

Step.Appを含む「〇〇 to Earn」では、ゲームで遊ぶことで仮想通貨を獲得できます。

はやたす

でも”ユーザーに報酬を支払う”ためには、その裏付けとなる収益がないと実現できません。

そこでStep.Appの収益源を確認しておくと、以下の表のとおりになります。

項目概要
ゲーム内アイテムの購入手数料キャラクターやスニーカーのスキンなど、スニーカー本体以外の購入で発生する手数料など
PvP手数料友人や見知らぬ他人と競走するとき支払われる2.5%の手数料
トーナメント戦のチケット代金の一部世界中または特定の地域で歩数を競い合うトーナメントに参加するチケットの購入料金から5%
NFTの取引手数料アプリ内のNFTマーケットプレイスで行われるすべての取引で発生する2.5%の手数料
スニーカーNFTの販売月に1回発行される限定スニーカーNFTの販売代金

また、上記で発生した収益の50%は、トークンの買い戻しに使われます。

買い戻したトークンは、最大50%がステーキング報酬に充てられ、残りの50%はガバナンス投票によってバーンするか決定できます。

ガバナンストークン$FITFIの購入方法

$FITFI を取り扱っているは国内取引所はないので、海外の取引所で購入する必要があります。

ここでは、日本語対応で使いやすいBybit(バイビット)を使った購入方法を紹介します。

Bybitで$FITFIを購入する4ステップ
  1. GMOコインでイーサリアムを購入する
  2. Bybitで口座開設する
  3. イーサリアムをBybitに送金する
  4. Bybitで$FITFIを購入する

ちなみに送金ミスすると大変なので、$FITFIの購入にはスマホではなくパソコンを使ってください!

手順① : GMOコインでイーサリアムを購入する

まずはGMOコインで無料の口座開設をしましょう。

>>GMOコインで無料口座開設する

はやたす

「最短10分」で仮想通貨を購入できるので、今から口座開設しても問題ありません!

what-is-stepapp-and-fitfi1

口座を作ったら「取引所」で、0.1ETH以上のイーサリアムを購入します。

what-is-stepapp-and-fitfi2

これで手順①は完了です!

手順②:Bybitで口座開設する

次にBybit(バイビット)で無料の口座開設をしましょう。

>>Bybit(バイビット)で無料口座開設する

ちなみに上記のリンクから登録すると、最大60ドル(≒8,000円)のBTCをゲットできるボーナスが付いてきます。

アクセスしたらメールアドレスとパスワードを入力するだけです。

what-is-stepapp-and-fitfi3

せっかくなら、できるだけお得に登録してください!

手順③:イーサリアムをBybitに送金する

手順③ではGMOコインで購入したイーサリアムをBybitに送ります。

「入出金」から「イーサリアム」を選択して、Bybitのアドレスに送金しましょう。

what-is-stepapp-and-fitfi4

Bybitでアドレスを発行するときは、必ずERC20を選択してください。

what-is-stepapp-and-fitfi5

別のチェーンタイプを選択すると、資金を消失します。

手順④:Bybitで$FITFIを購入する

最後にBybitで$FITFIを購入していきましょう。

そのためには、まずイーサリアムをUSDTに変換して、そのあとで$FITFIを購入します。

補足:上記のステップが難しい場合

Bybit(バイビット)では銀行振込やクレジットカードでの購入も可能です!

what-is-stepapp-and-fitfi6

ただし、上記で紹介したステップより手数料は割高になります。

仮想通貨の送金より手数料が安かったら、みんなクレジットカード使いますからね^^;

はやたす

できるだけコストをおさえるか、ラクをするのかは自分の好きな方法を選んでください!

Step.App | 今後のロードマップと進捗状況

ライトペーパーによると、Step.Appプロジェクトは以下の流れで開発が進んでいく予定です。

what-is-stepapp-and-fitfi7

主要なスケジュールをピックアップしたのが以下になります。

  • 2022年Q2 : ジェネシスのスニーカーNFT、ベータ版の公開
  • 2022年Q3 : メインネットの公開、NFTマーケットの公開
はやたす

あと2ヶ月もすれば、Step.Appの大まかな概要が掴めそうですね!

あとの細かい発表については、以下でイベントごとにまとめました。

良かったら参考にしてみてください。

ステーキング(時期未定)

KCALの入手イベント(来週)

取引所ステーキング(時期未定)

まとめ

というわけで、Step.Appについて解説してみました。

他にも詳細の発表やアプリのローンチがあれば、始め方を含めて加筆・修正していきたいと思います🥳

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる