【スマホあり】OpenSeaでNFTを出品する方法【ガス代・手数料も解説】

  • URLをコピーしました!
困っている人

OpenSea(オープンシー)でNFTを出品したいな…

スマホで出品する方法やガス代(手数料)について、誰か分かりやすく教えてくれないかな…

そんな悩みや疑問を抱えていませんか?

OpenSea(オープンシー)でNFTを出品してみたいけど、専門用語が多いしやり方がよく分からないですよね。

そこで本記事では「OpenSea(オープンシー)でNFTを出品する方法」を分かりやすく解説していきます!

この記事の内容

  • OpenSea(オープンシー)でNFTを出品するための事前準備
  • OpenSea(オープンシー)のNFT出品で必要な手数料
  • 【スマホ版】OpenSeaでNFTを出品する方法
  • 【パソコン版】OpenSeaでNFTを出品する方法
  • OpenSeaの出品でよくある質問

上記の内容を、たくさん画像を使って解説しました。

この記事を読めば、誰でもOpenSea(オープンシー)でNFTを出品できるようになりますよ!

この記事を書いた人
はやたす(@hayatasuuu
  • 独立4年目
  • 金融系企業での勤務経験あり
  • テンバガー(10倍銘柄)を複数回 / 全財産クリプト
  • NFTゲームで遊んで稼ぐのが好き
目次

OpenSeaでNFTを出品するための事前準備

OpenSeaでNFTを出品するには、以下の3つを準備しましょう。

  • 仮想通貨取引所の口座開設
  • メタマスク(MetaMask)のインストール
  • OpenSea(オープンシー)のアカウント作成

それぞれ解説しますね!

仮想通貨取引所の口座開設

NFTアートの販売手数料や、売上代金の受け取りには仮想通貨イーサリアムを使います。

正確にいうと、自分が決めた値段で売れたときの販売手数料が「無料」です。一方で相手からのオファーを受け取るには、数百円の手数料が発生します。

そのため仮想通貨取引所で口座開設して、イーサリアムを購入しておくのがおすすめです。

「せっかくオファーをもらったのに、手数料を払えなくて売る機会を逃した..」なんてことにならないようにしましょう!

おすすめの仮想通貨取引所

どの取引所でも大丈夫ですが、おすすめはビットフライヤーです。

なぜならスマホアプリが使いやすく、イーサリアムを取引所方式(板取引)で購入できるから。

コインチェックだと、イーサリアムの購入で高額な手数料が発生します。

無駄な手数料を支払って損するくらいなら、そのお金でイーサリアムを買った方が良いです

5分もあれば口座開設できるので、今のうちに登録しておきましょう!

»【無料】ビットフライヤーで口座開設する

あわせて読みたい
【超かんたん】ビットフライヤー(bitFlyer)で口座開設する方法【5ステップで解説】 ビットフライヤーで口座開設するにはどうすれば良いんだろう...誰か分かりやすく教えてくれないかな... そんな悩みや疑問を抱えていませんか? この記事では「ビットフ...

余談:GMOコインもおすすめ

ちなみに送金手数料が無料のGMOコインもおすすめです。

ただしGMOコインでは、0.1ETH以上でないと送金できません。

本記事の執筆時点で0.1ETH≒25,000円なので、いくら送金手数料が無料といえど、少しハードルが高いかなと。

もし金銭的に余裕があれば、GMOコインを使ってみてください。

»【無料】GMOコインで口座開設する

一方で基本的には自分で決めた価格で作品を売りたい人は、ビットフライヤーを使いましょう!

»【無料】ビットフライヤーで口座開設する

イーサリアムの買い方

ビットフライヤーでは、「bitFlyer Lightning」を使うと手数料をおさえられます!

詳しい購入手順は以下の記事で解説したので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【知らないと損】ビットフライヤー(bitFlyer)の入金方法・買い方を3ステップで解説 こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 どうやって仮想通貨を買えば良いのか分からない...色々な買い方があるみたいだけど、どれを選べば良いんだろう?そもそも入...

メタマスク(MetaMask)のインストール

メタマスク(MetaMask)は、イーサリアムなどの仮想通貨を管理するウォレットです。

NFTの出品だけでなく、売上を管理するために必要なので、今のうちにインストールしておきましょう。

スマホにメタマスクをインストールする

以下のリンクをクリックするか、AppStoreで「metamask」と検索してください。

インストールできたら、メタマスクを開いてアカウントを作成します。

ただし、アカウントの作成には「注意点」があります。

場合によっては自分の資産をなくすことになるので、以下の記事を参考にしながら丁寧にアカウントを作るようにしてください。

あわせて読みたい
【保存版】スマホアプリ版MetaMask(メタマスク)の使い方【iPhoneで徹底解説】 スマホでMetaMask(メタマスク)のアプリを使いたい!誰かわかりやすく教えてくれないかな... そんな悩みや疑問を抱えていませんか? Move to EarnやNFTゲームのために...

パソコンにメタマスクをインストールする

公式サイトにアクセスして、「Install MetaMask for 〇〇」をクリックします。
参考:https://metamask.io/download/

基本的には、画面が切り替わるごとにポチポチしていけば大丈夫です。

もし「MetaMask(メタマスク)のインストール方法が分からない…」というときは、以下の記事を参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【初心者向け】MetaMask(メタマスク)をインストール・登録する方法 こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 いま流行りのNFTやDeFiを始めたいけど、どうやってメタマスクをインストールすれば良いのか分からない... そんな悩みを抱え...

OpenSea(オープンシー)のアカウント作成

メタマスクを作成したら、OpenSea(オープンシー)でアカウントを作成しましょう。

NFTを売買できるマーケットプレイスは他にもあるけど、やはり一番有名なOpenSea(オープンシー)を使うのが良いです。

OpenSea(オープンシー)の登録方法は、以下の記事で丁寧に紹介しました。

初期設定の方法も解説したので、よかったら参考にしてください。

あわせて読みたい
【スマホ版】OpenSea(オープンシー)の始め方【登録方法を解説】 スマホでOpenSea(オープンシー)を使いたいな...誰か始め方を分かりやすく教えてくれないかな... そんな悩みや疑問を抱えていませんか? OpenSea(オープンシー)でNFT...

OpenSeaのNFT出品で必要な手数料(ガス代)

OpenSeaでNFTを出品・販売するとき、以下の手数料(ガス代)が発生します。

  1. 販売手数料(売上の2.5%)
  2. オファー承認で発生するガス代

以前は初回出品時に手数料(ガス代)が必要でしたが、2022年6月から「無料」になりました。

はやたす

古い情報を見ると「手数料が必要」と書かれているので注意してください!

販売手数料(2.5%)は売上から勝手に引かれるので、「購入者からのオファー承認で発生するガス代」だけ準備しておけば大丈夫です

OpenSeaでNFTを出品する流れ

OpenSeaでNFTを出品する手順は、以下の3ステップです。

  1. コレクションを設定する(※省略可)
  2. アイテムを登録する
  3. アイテムを出品する

コレクションやアイテムは、以下の例を見ると分かりやすいです。

how-to-start-nft14

上のように「Azuki」というコレクションがあって、その中で各NFT(アイテム)を登録していきます。

ちなみにコレクションを設定せずにNFTを出品することも可能です。

でもNFTアートは世界観が大事になります。本格的にNFTを販売するなら、コレクションを設定したほうが良いです。

はやたす

もしNFTの出品を体験するだけなら、コレクションの作成はスキップして問題ありません!

【スマホ版】OpenSeaでNFTを出品する方法

それではスマホでNFTを出品する手順を紹介します。

  1. コレクションを設定する(※省略可)
  2. アイテムを登録する
  3. アイテムを出品する

※PCで出品する場合は、【パソコン版】OpenSeaでNFTを出品する方法をご覧ください!

手順①:コレクションを設定する

それではコレクションの設定からやっていきましょう!

OpenSeaにアクセスしたら、画面右上の三本線から「Account」をタップ。

ここで「My Collection」を選択して、次の画面で「Create a collection」をタップしましょう。

するとメタマスクのポップアップが表示されます。

「署名」をタップしてコレクションを設定していきましょう。

まず設定するのは、以下のイメージ情報です。

  • Logo image:コレクションのロゴ(アイコン)になる画像
  • Featured image:OpenSeaのサイト内で使われるコレクションのイメージ画像
  • Banner image:コレクションページ上部のバナーで使われる画像

あとから変更できるので、必須項目の「Logo image」だけでも設定しておきましょう!

画像をアップしたら、コレクションの基本情報に進みます。

  • Name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの説明
  • Category:コレクションのカテゴリー
  • Links:SNSやメディアのリンク

このうちコレクションの名前(Name)だけ必須です。

はやたす

コレクション名を入力して、使用できる名前か確認してみてください!

また、コレクションのカテゴリーは、以下の中から選択できます。

世界観を統一した作品を販売するなら「Collectibles」を選択しましょう!

基本情報を入力できたら、最後に取引に関する情報を設定します。

  • Royalties:転売時に発生するロイヤリティ
  • Blockchain:使用するブロックチェーン
  • Payment tokens:作品の販売で使う通貨
  • Display theme:作品の表示方法
  • explict&sensitive content:刺激的なコンテンツ(Yes / No)

転売時のロイヤリティは、0〜10%まで設定可能です。

また、使用するブロックチェーンは、 Ethereum(イーサリアム)かPolygon(ポリゴン)を選択できます。

どちらのブロックチェーンを選べば良いのかというと、、、今ならEthereum(イーサリアム)一択です。

以前はガス代が高いのでPolygon(ポリゴン)もアリでしたが、2022年6月からEthereum(イーサリアム)でも初回出品時の手数料が「無料」になっています

はやたす

Ethereum(イーサリアム)は作品だけでなくユーザーも多いので、購入してもらえる可能性が高いですよ!

作品の表示方法は3パターンありますが、デフォルトの「Contained」で良いと思います。

刺激的なコンテンツを出品するなら、「explict&sensitive content」をオンにしてから「Create」をタップしましょう!

すると画面が切り替わり「Created」を表示されるはずです。

how-to-exhibit-nft11

これで手順①が完了しました!

手順②:アイテムを登録する

手順②では、いま作成したコレクションにアイテムを登録していきます。

コレクションページのメニューから「Add item」をタップ。

ここでアイテムを追加していきます。

まずは「Image, Video, Audio, or 3D Model」にアイテムとして追加したい作品をアップ。

次にアイテム情報を入力します。

  • Name:NFTの作品名
  • External link:作品の説明で使う外部リンク
  • Description:作品の詳細
  • Collection:該当するコレクション(※手順①で作成したもの)

コレクションは手順①で作成したものを設定してください。

あとは以下の付属情報を登録します。

  • Properties:NFTが持つ属性・性質
  • Unlockable Content:NFTの所有者のみ解除できるコンテンツ
  • Explicit&Sensitive Content:刺激的なコンテンツ(Yes / No)
  • Blockchain:使用するブロックチェーン

Propertiesには「HAIR」や「EYES」など、キャラクターごとにタグを付けられます。

how-to-exhibit-nft33

1つのコレクションで数千個のアイテムを登録するなら、設定するとユーザーが作品を探しやすくなりますよ。

他にも「Unlockable Content」では、NFTの保有者だけが閲覧できるコンテンツを設定できます。

はやたす

プロフィール画像(pfp)としてNFTを販売するなら使わないと思いますが、必要に応じて設定してくださいね!

以上を設定できてたら、最後に「Create」をタップしてreCAPTCHAにチェックを入れます。

指定された画像をすべて選択できたら、これでアイテムの登録が完了です!

how-to-exhibit-nft21
はやたす

アイテムの販売には別の設定が必要になるので、もう少しだけ頑張りましょう!

手順③:アイテムを出品する

最後にアイテムを出品しましょう。

先ほど登録した作品を選択して「Sell」をタップ。

ここで販売情報を登録していきます。

出品方法(Type)は、以下の2つです。

  • Fixed Price:固定価格
  • Timed Auction:オークション

ほとんどのNFTアートは「Fixed Price(固定価格)」で販売されています。

はやたす

なにか特別な戦略がなければ、固定価格で良いと思いますよ!

固定価格で販売する場合は、以下の項目を埋めます。

  • Price:作品の価格
  • Duration:販売期間

販売価格と期間を設定できたら「Complete listing」をタップして、メッセージを署名しましょう。

以下のように表示されたら、NFTを購入できる状態になっています。

how-to-exhibit-nft29

これでスマホを使ったNFTの出品が完了しました!

はやたす

ちなみに販売価格を設定しても、コレクターの買いたい値段でオファーされることがあります。

提示された価格に納得したら、オファーを受け入れるのもアリです!

ただし、オファーを受け付けるには、手数料としてイーサリアムが必要になります。

いつでもNFTを販売できるよう、メタマスクにイーサリアムを準備しておきましょう!

【パソコン版】OpenSeaでNFTを出品する方法

次にパソコンでNFTを出品する手順を紹介します。

  1. コレクションを設定する(※省略可)
  2. アイテムを登録する
  3. アイテムを出品する

順番に見ていきましょう!

手順①:コレクションを設定する

まずはOpenSeaで画面右上のアイコンマークから「My Collections」をクリックします。

how-to-start-nft15

ここで「Create a collection」を選択しましょう。

how-to-start-nft16

この画面でコレクションの設定をおこなっていきます。

how-to-start-nft17

各設定項目の意味は、以下のとおりです。

  • Logo image:コレクションのロゴ(アイコン)になる画像
  • Featured image:OpenSeaのサイト内で使われるコレクションのイメージ画像
  • Banner image:コレクションページ上部のバナーで使われる画像
  • Name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの説明
  • Category:コレクションのカテゴリー
  • Links:SNSやメディアのリンク
  • Royalties:転売時に発生するロイヤリティ
  • Blockchain:使用するブロックチェーン
  • Payment tokens:作品の販売で使う通貨
  • Display theme:作品の表示方法
  • explict&sensitive content:刺激的なコンテンツ(Yes / No)

ただし、必須項目は「Logo image」と「Name」だけです。

NFTの出品を体験したいだけなら、この2つだけ設定すれば問題ありません。

各項目を入力できたら、最後に「Create」をクリックしましょう!

手順②:アイテムを登録する

コレクションを設定できたら、次にアイテムを作成していきます。

OpenSeaのトップ画面で「Create」をクリックしましょう。

how-to-start-nft18

このページで自分のコンテンツを元にNFTを作成していきます。

how-to-start-nft19

各設定項目の意味は、以下のとおりです。

  • Image, Video, Audio, or 3D Model:NFTにしたい作品をアップロード
  • Name:NFTの作品名
  • External link:作品の説明で使う外部リンク
  • Description:作品の詳細
  • Collection:該当するコレクション(※手順①で作成したもの)
  • Properties:NFTが持つ属性・性質
  • Unlockable Content:NFTの所有者のみ解除できるコンテンツ
  • Explicit&Sensitive Content:刺激的なコンテンツ(Yes / No)
  • Blockchain:使用するブロックチェーン

「Collection」は、手順①でコレクションを作成していれば設定しましょう。

ただNFT作品を出品するだけなら、「Image, Video, Audio, or 3D Model」と「Name」だけで事足ります。

how-to-start-nft20

また上記項目以外で、以下のようにNFTのステータスを決めることができます。

  • Levels
  • Stats

このあたりは、主にNFTゲームで登場するキャラクターで、必要に応じて設定することになります。

なかなかNFTゲームを作る人はいないと思うので、今回はスキップしましょう!

無事に作成できると、以下のような画面になります。

how-to-start-nft21

手順③:アイテムを出品する

ここまでの手順で、NFTを登録できたので、あとはNFTの販売設定していきます。

登録完了画面をリロードすると、右上に「Sell」ボタンが表示されるのでクリックします。

how-to-start-nft22

もし作品画面を閉じていたら、サイト右上のアイコンマークから「My Collection」を選択して、コレクションのページを開きましょう!

how-to-start-nft23

コレクションページから、先ほど登録したアイテムを確認できます!

how-to-start-nft24

話を戻して、「Sell」をクリックすると、販売方法を設定するページに遷移します。

ここで「どうやって売るのか」を設定していきましょう!

how-to-start-nft25

販売方法を決めて「Complete listing」をクリックすれば、NFTの出品は完了です!

OpenSeaにNFTを出品する上でよくある質問

最後にOpenSeaにNFTを出品する上でよくある質問に回答します!

手数料を安くする方法はありますか?

イーサリアムの利用が少ない朝の時間帯を狙うと、多少ガス代(手数料)をおさえられます。

他にはキャンペーンをうまく活用して、ビットコインを無料でもらう方法があります!

はやたす

もらったビットコインを初期費用に当てれば、自分の貯金を減らすことなくNFTを出品できます!

キャンペーン一覧は以下の記事でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【9/30まで】無料で2,300円分のビットコインをもらう方法【知らないと損】 仮想通貨に興味はあるけど、投資で損したくないな...自分で買わずにビットコインをもらうことはできないかな... そんなふうに思ったことはありませんか? 「ビットコイ...

※あとまわしにするとキャンペーンが終了している可能性があります。今のうちに無料でビットコインをもらいましょう!

どんなものが出品できますか?

以下のようなデジタルデータを出品できます。

  • 写真
  • イラスト
  • 動画
  • 音楽
  • ゲーム内アイテム
  • メタバース空間の土地
  • ドメイン(〇〇.ethなど)

この中で最も売れるのは、プロフィール画像として使うイラストです。

クリエイターとしてNFTを販売して稼ぐなら、イラストの出品をおすすめします!

NFTを高く売るコツはありますか?

NFTの販売で稼ぐなら、イケハヤさん(@IHayato )が書いた以下の記事を読みましょう。

»参考:【最新副業】NFTで稼ぐ方法を徹底解説します

イケハヤさんは、CryptoNinjaというNFTコレクションの創業者で、関連コレクションの売上が月1,000万円を超えているNFT界の神です。

投資家の僕からコツを聞くより、日本トップのNFT販売ノウハウを学びましょう。

まとめ:NFTを出品してみよう!

というわけで、この記事では「OpenSea(オープンシー)でNFTを出品する方法」を紹介しました。

もうやり方は分かったので、あとは前進するのみです。

とはいえ、この記事を読んだ90%の人は行動しません。

そして、そういう人に限って、あとから高値でビットコインを買って損しています。

最終的な判断はお任せしますが、せっかくなら行動してチャンスを掴める人になりませんか?

あなたがやるべき行動まとめ

SNSに投稿して読み返す
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次