【保存版】DeFiの始め方・やり方 | 初心者でも仮想通貨を運用する方法を解説

how-to-start-defi
  • URLをコピーしました!

こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。

将来のために資産を増やしたくてDeFiに興味を持ったけど、なんだか難しくて挫折しそうになっていませんか?

「DeFi」っていう言葉はよく聞くけど、結局何から始めたら良いのか分からないですよね。

でも日本の先行きは明るくないので、「行動しない」っていうのは良い選択肢とは言えません。

tweet-image1


そこで本記事では「DeFiの始め方・やり方」を初心者向けに解説していきます。

はやたす

最初だけ難しく感じますが、一回できてしまえばDeFiを使った資産運用は、めちゃくちゃ簡単なんです…!

それなのに多くの人は「なんとなく難しそう」っていう理由で、大きく資産を増やすチャンスを逃しています。

僕は仮想通貨のおかげで、大きく資産を増やせました。

今では自動収入も入ってくるようになったし、本当に仮想通貨投資を始めて良かったなと思っています。

この記事を読めば、完全初心者でも失敗することなく、DeFiを始められます。

ぜひ最後まで読んで、将来のために資産を増やしていきましょう!

2022年4月28日に、20年ぶりの1ドル=130円を記録しました。このままだと円の価値は下がり続けて、日本は相対的に貧しくなっていきます。今ならまだ間に合うので、将来に向けて対策を打っておきましょう。

この記事を書いた人
はやたす(@hayatasuuu
  • 独立4年目
  • 金融系企業での勤務経験あり
  • テンバガー(10倍銘柄)を複数回 / 全財産クリプト
  • NFTゲームで遊んで稼ぐのが好き
目次

DeFiとは

how-to-start-defi1

DeFi(Decentralized Finance)とは、特定の管理者がいない金融機関やアプリケーションのことです。

はやたす

DeFiでは管理者がいないので、ユーザー同士で直接金融取引をおこないます!

僕たちが普段使っている銀行は、三菱UFJや三井住友のように「管理している企業」がいて、そのなかで多くの人が働いています。

一方のDeFiでは、特定の管理者がいません。プログラムによって取引が自動で処理されます。

はやたす

人件費が必要ないから低コストだし、高速に金融取引できるんです…!

また、DeFiは高い利回りで資産運用できるのもポイントです。

リスク低めの運用でも「年利10%」と、銀行預金では考えらない利回りを狙えます!

トレードで利益を出すのは難しいけど、DeFiなら一度設定を済ませれば、ほぼ放置で高い金利収入をゲットできます。

DeFiで稼ぐ方法 | 資産運用の種類

how-to-start-defi2

DeFiで仮想通貨を運用する方法は、次の3つあります。

DeFiの運用方法3つ
  • 流動性提供(イールドファーミング)
  • レンディング
  • ステーキング

それぞれ詳しく見ていきましょう。

DeFiで稼ぐ方法①:流動性提供(イールドファーキング)

流動性提供(イールドファーミング)とは、2つ以上の仮装通貨をペアで預けることで、高い利回りを獲得できる仕組みです。

はやたす

これは仮想通貨独自の運用方法ですね!

DeFiのアプリケーションでは管理者がいません。
だからユーザー同士で直接トレードするために、仮想通貨を預けてくれる人が必要になります。

でも何のインセンティブもなければ、「自分の仮想通貨を預けよう」とは思いませんよね?

そこで生まれたのが、流動性提供(イールドファーミング)です。

流動性提供では、仮想通貨をDeFiのアプリケーションに預けることで、他のユーザーがトレードしたときの取引手数料を報酬としてもらえます。

DeFiで稼ぐ方法②:レンディング

レンディングとは、仮想通貨を貸して金利を得る方法です。

銀行やアコムがお金を貸して金利収入を得るように、自分たちも他のユーザーの仮想通貨を貸すことで利回りを獲得できます。

DeFiで稼ぐ方法③:ステーキング

ステーキングは、一定期間に仮想通貨を預けて金利を得る方法です。銀行の定期預金と同じイメージですね。

ガチホしている仮想通貨があれば、値上がりを狙いつつ利回りを獲得できます。

はやたす

僕もSANDという仮想通貨で、ステーキングし続けています!

>>参考:$SANDをPolygon(The Sandbox公式)でステーキングする方法【5ステップで解説】

DeFiの始め方・やり方

how-to-start-defi3

それでは、さっそくDeFiを触ってみましょう。

今回はDeFiを仮想通貨を運用してみるために、初心者でも使いやすい「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」で「流動性提供する方法」を紹介します。

以下が具体的な手順です。

DeFiの始め方
  1. CoincheckとBinanceで口座開設する
  2. ビットコインをCoincheckからBinanceに送金する
  3. BinanceでビットコインをBNBに交換する
  4. MetaMaskをインストールする
  5. MetaMaskをBSCネットワークに接続する
  6. MetaMaskにBNBを送金する
  7. PancakeSwapとMetaMaskを連携する
  8. BNBをCAKEに交換する
  9. BNB/CAKEで流動性を供給する

と、これだけ言われても、まったく意味が分からないと思います…

また、慣れていないと操作が難しいので、「PancakeSwapの始め方」は別記事で丁寧に解説しました。

>>【保存版】PancakeSwap(パンケーキスワップ)のやり方・始め方を徹底解説

1枚ずつ丁寧にスクリーンショットを撮影しているので、この記事を読めば誰でもDeFiを始めることができますよ!

当サイトからBinance(バイナンス)に登録すると、“永久に”取引手数料が10%OFFになります!

無駄な手数料を支払うなら、そのお金で仮想通貨を買いましょう!

»【無料】Binance(バイナンス)で口座開設する

DeFiで仮想通貨を運用するリスク

how-to-start-defi4

高い利回りが魅力のDeFiですが、いくつかのリスクが存在します。

これからDeFiで仮想通貨を運用する人が、特に気をつけたいのが以下の3つです。

  • 仮想通貨の価格が下落するリスク
  • ハッキングによる資産流出のリスク
  • ホールドよりリターンが小さくなるリスク

それぞれ順番に見ていきましょう。

仮想通貨の価格が下落するリスク

DeFiで流動性を提供すると、取引手数料と「アプリケーションの独自トークン」が報酬として支払われます。

アプリケーションと独自トークンの例
  • Uniswap:UNI
  • PancakeSwap:CAKE
  • TraderJoe:JOE

これらの利息として支払われる仮想通貨は、利確されるケースが多く価格が上がりづらいです。

利息を受け取る頃には、リターンが小さくなっている可能性があることに注意しましょう。

反対に、受け取る仮想通貨が値上がりすれば、利回りに追加してキャピタルゲインもゲットできます!

ハッキングによる資産流出のリスク

DeFiの世界では、わりと頻繁にハッキングが起きます…笑

最近では、770億円の大規模なハッキング被害が発生しました。

>>参考:暗号資産史上最大、770億円がハッキング──人気NFTゲーム「アクシー・インフィニティ」のRonin Network

この事例では、盗まれたユーザーの資産を補填してもらえるから良かったですが、プロジェクトや金額の規模によっては自分の資産が返ってこないこともあります

できるだけ有名かつ活発に使われているアプリケーションを選ぶようにしましょう。

「活発に使われている」ということは、それだけプロジェクトに手数料が入っているので、資金を補填してもらえる可能性が高くなります。

ホールドよりリターンが小さくなるリスク

流動性提供(イールドファーミング)では、ただ仮想通貨を持っているよりリターンが小さくなる可能性があります。

はやたす

これを「インパーマネントロス(変動損失)」と言います!

細かい解説は省略しますが、預けているペアの片方だけ価格が変動すると、仮想通貨を運用せずにホールドする場合と比較して以下のようにリターンが減ります。

  • 1.25倍の価格変動 = 0.6%の損失
  • 1.50倍の価格変動 = 2.0%の損失
  • 1.75倍の価格変動 = 3.8%の損失
  • 2倍の価格変動 = 5.7%の損失

>>参考:変動損失の説明

もし2つの仮想通貨を預けていて、両方とも価格が上がっていたり下がっていたりするなら、インパーマネントロスは発生しません。

DeFiではどれくらい資産が増えるの?

how-to-start-defi5

DeFiで仮想通貨を運用すると、どれくらい資産が増えるのか見てみましょう。

ここでは、PancakeSwapで最も人気な「CAKE-BNB」の年利35.5%で計算してみました。

預入資産資産増加額(年)資産増加額(月)
100,000円35,500円2,958円
300,000円106,500円8,875円
500,000円177,500円14,792円
1,000,000円355,000円29,583円

表のように、DeFiで「どれくらい資産が増えるのか」は、自分が投資する資産額に依存します

預け入れできる資産が大きいほど利益が増えるので、ある程度の資金量が必要になります。

預け入れ資産が30万円以上あると、それなりに大きなリターンになってきますね!

はやたす

月に1万円弱の副収入があると、毎月おいしいものを食べに行けますね!

ただし、DeFiの利回りは毎時間変動します。

また、利息としてもらえる仮想通貨の価値が下がれば、それだけリターンも小さくなります。

いつまでも年利35.5%が続くとは限らないので、その点は注意しておきましょう!

DeFiでよくある質問

how-to-start-defi6

最後にDeFiを始める上で、よくある質問に回答していきます!

DeFiはスマホでもできる?

結論は「はい」です。でもスマホだと、誤操作が多くなります。

もし操作を間違えると自分の資産を失う可能性があるので、パソコンを使ってDeFiに触ることをおすすめします。

パソコンを持っていなければ買いましょう!自分の資産を失うよりマシです💪

DeFiは必ず儲かるの?

結論は「いいえ」です。

運用している利回り収入より、仮想通貨の価格が下がると損することになります。

これを避けるために、ステーブルコインを運用する方法があります。

DeFiはリスクは無いの?

結論は「リスクがある」です。

例えば、仮想通貨を送金するときに宛先を間違えると、自分の資産を取り戻せなくなってしまいます。

また、自分の不注意だけでなく、使っているDeFiのアプリケーションがハッキングされる可能性もあります。

DeFiに触れるときは、できるだけ有名なアプリケーションを使うのがおすすめです!

まとめ

というわけで、この記事ではDeFiの始め方を紹介しました。

DeFiで資産運用する場合、参入する人が増えれば増えるほど、自分がもらえるリターンは小さくなります。

なぜなら、もらえるリターンは資産を預けている人たちで山分けするからです!

それに、始めるのが早ければ早いほど、複利の力で資産は増えていきます。

はやたす

だから、できるだけ早めに始めるのが得策!

最初は少額でも良いから、ぜひ今日からDeFiを始めてみましょう!

始めるのが遅くなると、それだけ機会損失が大きくなりますよ!

»【無料】コインチェックで口座開設する

口座開設できたら、さっそくDeFiを始めましょう。

あわせて読みたい
【保存版】PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方・使い方・やり方を徹底解説! PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方が知りたい!やり方や使い方もあわせて、誰かわかりやすく教えてくれないかな... そんな悩みや疑問を抱えていませんか? Pan...
SNSに投稿して読み返す
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

追伸1:2022/9/30まで!1,500円分のビットコインがもらえる!

「①口座開設」と「②1円以上の入金」だけで1,500円分のビットコインが必ずもらえるチャンス!

コインチェック

今のうちに無料でビットコインをもらっちゃいましょう!5分もあれば口座開設できます。

»【無料】コインチェックで口座開設する

追伸2:無料のLINEマガジンを始めました!

仮想通貨リテラシーを上げるためのLINEマガジンを始めました!

本やネットを見ても、難しくてあんまり理解できない...」という人のために、「失敗しない!仮想通貨の始め方」の動画プレゼントも準備しています。

  • これから仮想通貨を始めたい
  • いま流行りのNFTに触れてみたい
  • DeFiを使って資産運用をしていきたい

このように感じていたら、ぜひチェックしてくださいね!僕が出版した書籍の無料配布もLINEで案内しています。

» LINE公式アカウントはこちら

※LINEアカウントは配信数に限りがあるので、いつフォームを閉じるか分かりません。早めに登録することをお勧めします!

目次