NFTが儲からない3つの理由【アート出品・投資で解説】

nft-unprofitable
  • URLをコピーしました!
困っている人

NFTって儲からないの?

儲からない理由や、儲けるコツもあわせて、誰かわかりやすく教えてくれないかな…

そんな悩みや疑問を抱えていませんか?

NFTアートの出品や投資に興味はあるけど、実際のところ儲かるのかどうか気になりますよね。

結論から言うと、99%の人はNFTで儲かりません

はやたす

と言われたところで、SNSを見ると稼げている人がいるから、儲からないと言われる理由が気になると思います。

そこで本記事では「NFTが儲からない3つの理由」を分かりやすく解説していきます。

この記事の内容

  • アート出品編:NFTが儲からない3つの理由
  • 投資・転売編:NFTが儲からない3つの理由
  • 初心者がNFTで儲ける5つのコツ

儲からない理由だけでなく、初心者が儲けるためのコツまで紹介しました。

この記事を読めば、NFTが儲からない理由だけでなく、それを踏まえて儲けるための方法が分かるようになりますよ!

はやたす

仮想通貨からの収益でご飯を食べている僕が解説しますね!

この記事を書いた人
はやたす(@hayatasuuu
  • 独立4年目
  • 金融系企業での勤務経験あり
  • テンバガー(10倍銘柄)を複数回 / 全財産クリプト
  • NFTゲームで遊んで稼ぐのが好き
目次

アート出品編:NFTが儲からない3つの理由

まずNFTアートの出品が儲からない理由は、次のとおりです。

  1. ライバルが多すぎる
  2. 日本人のNFTコレクターが少ない
  3. NFTを作るだけでは売れない
はやたす

それぞれ順番に見ていきましょう!

クリエイターではなく、投資家としてNFTで儲けたい人は、以下のリンクからジャンプしてください!

»参考:投資・転売編:NFTが儲からない3つの理由

理由①:ライバルが多すぎる

NFTアートの出品で儲からない一番の理由は、ライバルが多すぎるからです。

あとでも紹介しますが、NFTを買う人の数は限られています。

一方で、月日を重ねるほとに新しいNFTアートが登場します。

はやたす

つまり供給が多すぎるわけです..!

確かに2021年のNFTバブルでは、ぶっちゃけ絵が上手ければ売れていました。

なぜなら、NFTが儲かることが知られておらず、ライバルが少なかったからです。

でも今はライバルが大量に増えたので、ただ作品を出品するだけでは稼げません。

理由②:日本人のNFTコレクターが少ない

いま日本でNFTを買う人は、非常に少ないです。

そもそもビットコインやイーサリアムも買っていないのに、NFTを購入しようなんて人はなかなかいません。

日本のNFT界を牽引するイケハヤさんいわく、日本でNFTを買っている人は1万人くらい。


そんな小さい市場で儲けるっていうのは、なかなかハードルの高いことです。

特に2022年は仮想通貨が冬の相場なので、わざわざNFTを買おうと考える人は少ないですね…。

はやたす

僕もその1人です!

今はNFTを買うんじゃなくて、イーサリアムを買いたいかなと思ってしまいます!

理由③:NFTを作るだけでは売れない

NFTアートは、ただ作っただけでは売れません。

出品したあとで、自分の作品について知ってもらう必要があります

なぜならどんな良い作品でも、存在を知らなければ購入できないからです。

もしNFTアートを出品して稼ぎたいなら、作品を作るだけでなく、宣伝やマーケティングもおこなうようにしましょう!

はやたす

厳しいようですが、作品を作るだけで稼げるなら、全クリエイターがやっています…!

補足:NFTアートで稼ぐには

というわけで、NFTアートが儲からない理由を解説しました。

はやたす

個人的な意見ですが、2022年現在の市場感だと、普通にNFTを販売して稼ぐのは難しいのかなと思っています。

それは仮想通貨が冬の相場だし、NFTを買うなら安いうちにイーサリアムを集めておきたいからです。

とはいえ、CryptoNinja Partners(CNP)のように、成功しているプロジェクトも存在します。

絶対に売れないとは言い切れないので、もしNFTアートの販売に挑戦するなら、以下の記事を読んでみてください。

»参考:NFTが売れない理由【コツを解説】

投資・転売編:NFTが儲からない3つの理由

NFTの投資(転売)が儲からない理由は、以下の3つです。

  1. 日本語での情報流通が遅い
  2. 儲かる作品を当てるのが難しい
  3. レバレッジが効かない
はやたす

それぞれ一緒に見ていきましょう!

①日本語での情報流通が遅い

いま話題になっているNFTは、だいたい海外発の作品なので、日本語での情報流通が遅いです。

はやたす

そのため日本語で情報を得ている時点で、すでに乗り遅れています!

話題になってからNFTを買うと、高値掴みする可能性が高くなるので、儲けるどころか損することになります。

だからNFT投資や転売で儲けるなら、日本発のプロジェクトを選んたり、英語で情報をキャッチアップしたりする必要があります

②儲かる作品を当てるのが難しい

仮にNFTの情報を集めたとしても、儲かる作品を当てるのが難しいです。

というのも、NFTのトレンドは、1〜3ヶ月くらいで変わっていきます。

高額のNFTが流行ったかと思ったら、次は安く購入できるNFTが流行り、今度はフリーミントが流行ったりと、そのときによってトレンドが変化します。

もしNFT投資で儲けようと思ったら、仮想通貨銘柄と同じくらいの情報収集が必要です

③レバレッジが効かない

NFTは良くも悪くも「1点もの」なので、レバレッジが効きません。

ビットコインやイーサリアムであれば、取引所を使うことで所持金よりも多くの金額をトレードできます。

もし10万円を持っていれば、レバレッジを10倍にすると、100万円分の仮想通貨を取引できるわけです。

はやたす

つまり少額から稼ぐなら、レバレッジを使ってトレードした方が良いんですね!

だからNFT投資で儲けたいと思ったら、トレードよりも多くの資金が必要になります

初心者がNFTで儲ける5つのコツ

というわけで暗い話をしてしまったので、ここからは初心者がNFTで儲けるコツを紹介します。

結論は以下の5つです↓

  1. ホワイトリスト(WL)を獲得する
  2. 売れているものを買う
  3. インフルエンサーの動向を追っておく
  4. 運営とコミュニティが活発なNFTを買う
  5. 他の稼ぎ方を試す
はやたす

それぞれ順番に見ていきましょう!

コツ①:ホワイトリスト(WL)を獲得する

ホワイトリスト(WL)とは、NFTを優先して購入できる権利のことです。

ホワイトリスト(WL)を所有していれば、一般販売前に開催されるプレセールで、通常よりも安くNFTを購入できます

はやたす

そのためNFT転売で利益を狙いやすいです!

最近NFTの転売で儲けている人は、だいたいホワイトリストを所有していますね。

ホワイトリストの探し方や獲得方法は以下の記事で解説したので、よかったら参考にしてみてください。

»参考:【初心者向け】NFTのホワイトリスト(WL)とは?【入手方法も解説】

あわせて読みたい
【初心者向け】NFTのホワイトリスト(WL)とは?【入手方法も解説】 NFTのホワイトリスト(WL)ってなに?獲得する方法や注意点もあわせて、誰かわかりやすく教えてくれないかな... そんな悩みや疑問を抱えていませんか? 「いま話題のNFT...

コツ②:売れているものを買う

NFTを転売するなら、基本的に売れているものを買いましょう。

なぜなら、売れていない作品を購入しても、転売先となる買い手が見つからないからです。

例えるなら、売れない土地で不動産を買っているようなもの。

NFTは必ず売却できるとは限らないので、トレンドになっている作品に「順張り」することをおすすめします

コツ③:インフルエンサーの動向を追っておく

ホワイトリストの情報や、売れているコレクションを知るには、インフルエンサーの動向を追っておくのが良いです。

日本人のNFTインフルエンサーといえば、やはりイケハヤ(@IHayato )さんですね。

イケハヤさんは、CryptoNinjaというNFTコレクションの創業者であり、関連コレクションの売上が月1,000万円を超えているNFT界の神です。

日本語でNFTの情報収集をするなら、フォロー必須だと思います。

»参考:🍺 ikehaya(@IHayato)さん / Twitter

イケハヤさんのBrainもおすすめです。

なおNFTの転売で稼ぐなら、イケハヤさんのBrainを読みましょう。

»参考:【最新副業】NFTで稼ぐ方法を徹底解説します

NFTのトレードで稼ぐ方法について、最新の情報で書かれていますよ。

コツ④:運営とコミュニティが活発なNFTを買う

プロジェクトの運営や、コミュニティが活発なNFTを買いましょう。

コミュニティが活発ということは、マーケティングが上手くいっている可能性が高いからです。

バブル期を終えた2022年だと、マーケティングが下手なNFTは売れません。

コツ②で紹介したように、売れないNFTを買うと、転売先となる買い手が見つからなくなってしまいます

一方でコミュニティが活発だと、NFTをホールドする人も増えるので、価格が上がりやすい傾向にあります。

はやたす

日本で上手くいってるのがCryptoNinja Partners(CNP)ですね!

販売開始から、どんどん価格が上がっています。


また、運営が活発なプロジェクトは、ラグプルなどの詐欺に遭う可能性も低いです。

»参考:これで安心!偽物NFTの見分け方5つ【OpenSeaを例に解説】

あわせて読みたい
これで安心!偽物NFTの見分け方5つ【OpenSeaを例に解説】 偽物NFTってどうやって見分けるんだろう?偽物NFTの見分け方を、誰かわかりやすく教えてくれないかな... そんな悩みや疑問を抱えていませんか? できれば詐欺に遭うこと...

そういう意味でも、プロジェクトの運営や、コミュニティが活発なNFTを選びましょう

コツ⑤:他の稼ぎ方を試す

そもそもNFTで稼ぐ方法は、アート出品や投資だけではありません。

他にも以下のような稼ぎ方があります↓

  1. NFTゲームをプレイして稼ぐ(Play to Earn)
  2. NFTゲームで運動して稼ぐ(Move to Earn)
  3. NFTのメディア運営で稼ぐ

もし他の稼ぎ方に興味を持ったら、以下の記事を参考にしてみてください。

»参考:【保存版】NFTの稼ぎ方・儲け方5つ【おすすめや稼ぐコツも解説】

あわせて読みたい
【保存版】NFTの稼ぎ方・儲け方5つ【おすすめや稼ぐコツも解説】 NFTの稼ぎ方・儲け方が知りたい!おすすめの稼ぎ方や稼ぐコツもあわせて、誰かわかりやすく教えてくれないかな... そんな悩みや疑問を抱えていませんか? 「いま話題のN...

まとめ:NFTを始めてみよう!

というわけで、この記事では「NFTが儲からない3つの理由」を紹介しました。

NFTが儲からない理由や、その上で儲けるコツが分かったので、あとは実践あるのみです。

とはいえ、この記事を読んだ90%の人は行動しません。

そして、すぐ行動しない人に限って、あとから高値でビットコインを買って損しています

最終的な判断はお任せしますが、せっかくなら行動してチャンスを掴める人になりませんか?

あなたがやるべき行動まとめ

SNSに投稿して読み返す
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次