【保存版】NFTの始め方・やり方を5ステップで解説【完全初心者向け】

NFT 始め方
  • URLをコピーしました!

こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。

いま流行りのNFTを始めてみたいけど、やり方が分からないし、なんだか難しそうだな…

そんな悩みを抱えていませんか?

確かにNFTは最新のテクノロジーだから、情報も少なく取っ付きづらいですよね。

はやたす

でも実は、一度やり方をマスターすれば、簡単にNFTを体験できるんです…!!

ということで本記事では「完全初心者向けにNFTの始め方・やり方を」を5ステップで紹介していきます。

この記事を読めば、誰でもNFTを始められるようになりますよ!

NFTを始める上での注意点も紹介してるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

NFTとは

how-to-start-nft1

NFTとは「Non-Fungible Token」の略で、「非代替性トークン」と訳されます。

「非代替性」と「トークン」は、それぞれこんな意味です。

  • 非代替性(ノンファンジブル) : 他のモノとは交換できない一点もの
  • トークン : デジタルデータ / ほぼ仮想通貨と同じ意味

つまり「NFT = 他のモノとは交換できない一点もののデジタルデータ」ということになります!

従来のWebでは、クリエイターがデジタルアートを公開すると、誰でも簡単に作品をコピーできてしまいました。

それだけでなく、クリエイターや作品の購入者は、「コピーされた作品の所有者が自分である」ことを証明するのが困難でした。

そこで登場するのがNFTです!

クリエイターが自分の作品をNFTにすることで、「唯一無二のデジタルデータ」であることを証明できます

NFTは「一点ものを所有している」という希少性や特別感から、純粋にコレクターに買われたり、転売目的で投資されたりしています。

NFTの始め方・やり方を5ステップで解説

how-to-start-nft2

それではNFTの始め方・やり方を紹介していきます。

具体的な手順は、以下のとおりです。

NFTの始め方・やり方5ステップ
  1. 国内取引所で口座開設する
  2. 国内取引所でイーサリアムを購入する
  3. MetaMask(メタマスク)をインストールする
  4. MetaMask(メタマスク)にイーサリアムを送金する
  5. OpenSea(オープンシー)のアカウントを作成する

難しく見えますが、1つずつやっていけば意外と簡単ですよ!

手順①:国内取引所で口座開設する

まずは国内取引所で口座開設します。

初心者でも使いやすくておすすめなのは、コインチェックビットフライヤーです。

  • コインチェック:シンプルで使いやすい
  • ビットフライヤー:イーサリアムを安く買える

まずはこれらの口座を開設しましょう。

口座の開設費・維持費は「無料」なので、両方持っておいて損がありません。

>>ビットフライヤーで無料口座開設する

>>コインチェックで無料口座開設する

※それぞれの口座の使い分けは、以下の記事で解説しています。結論から言うと、コインチェックでビットコインを買って、ビットフライヤーでイーサリアムを買うのがおすすめです!

あわせて読みたい
ド素人でも失敗しない仮想通貨の始め方【3つの手順で資産を増やす】 こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 将来が不安で「資産を増やすために仮想通貨投資を始めよう」と思ったけど、なんだか難しくて挫折しそうになっていませんか?...

手順②:国内取引所でイーサリアムを購入する

NFTを売買するには、イーサリアムという仮想通貨が必要になります。

はやたす

正式名称はETH(イーサ)ですが、ここでは分かりやすく「イーサリアム」と表記しますね!

先ほど開設した国内取引所を使って、イーサリアムを購入しましょう!

イーサリアムを安く購入するなら、ビットフライヤーがおすすめです。

スマホアプリを使えば簡単に購入できますよ!

how-to-buy-crypto-on-bitflyer9

「もっと詳しく買い方を知りたい」と思ったら、以下の記事を参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【知らないと損】ビットフライヤー(bitFlyer)の入金方法・買い方を3ステップで解説 こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 どうやって仮想通貨を買えば良いのか分からない...色々な買い方があるみたいだけど、どれを選べば良いんだろう?そもそも入...

手順③:MetaMask(メタマスク)をインストールする

NFTを取引するためには、仮想通貨を保管する「ウォレット」が必要になります。

ここでは最も有名な仮想通貨ウォレット「MetaMask(メタマスク)」をインストールしましょう!

以下のページからダウンロードできます。

参考:https://metamask.io/download/

from-binance-to-metamask1

ダウンロードできたらMetaMask(メタマスク)を起動して、ウォレットを使えるようにします!

もしインストール方法が分からなかったら、以下の記事を開くながら作業を進めてください!

あわせて読みたい
【初心者向け】MetaMask(メタマスク)をインストール・登録する方法 こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 いま流行りのNFTやDeFiを始めたいけど、どうやってメタマスクをインストールすれば良いのか分からない... そんな悩みを抱え...

手順④:MetaMask(メタマスク)にイーサリアムを送金する

NFTを買うためには、財布(MetaMask)だけではなく、購入するためのお金(仮想通貨)が必要ですよね。

そこで、ビットフライヤーからMetaMask(メタマスク)にイーサリアムを送金していきます。

ただし注意点があって、仮想通貨を送金するときは、できるだけスマホではなくパソコンを使うようにしてください。

あとで詳しく解説しますが、送金ミスして自分のお金を失わないためです。

パソコンを使う場合でも、ビットフライヤーなら簡単に出金できますよ!

how-to-use-trader-joe1

「送金方法が分からない…」や「どうしてもスマホを使って送金したい…」と言う場合は、以下の記事で詳しく解説していますよ!

※準備中

手順⑤:OpenSea(オープンシー)のアカウントを作成する

NFTを取引できるプラットフォームはいくつかあります。

今回は最も有名なOpenSea(オープンシー)で、NFTを始めていきましょう!

まずはOpenSea(オープンシー)の公式ページにアクセスして、財布マークをクリックしましょう。

参考:https://opensea.io/

how-to-start-nft3

どのウォレットで接続するか聞かれるので、「MetaMask」を選択します。

how-to-start-nft4

これでOpenSea(オープンシー)とMetaMask(メタマスク)の紐付けが完了しました!

あとは、画面右上のアイコンマークから「Setting」を選択して、アカウント登録をしていきます。

how-to-start-nft5

ここで「Username」と「Email Address」を入力して、最後に「Save」で保存してください。

how-to-start-nft6

すると確認のメールが届くので、本文に書かれている「VERIFY MY EMAIL」をクリックします。

how-to-start-nft7

メール認証できれば、OpenSea(オープンシー)のアカウント登録が完了です!

OpenSeaでNFTを買う方法

それではOpenSeaでNFTを買う方法を紹介していきます。

OpenSeaでNFTを買う方法
  1. 購入したいNFTを探す
  2. 購入ページで「Buy now」をクリックする

たったの2ステップでNFTを購入できます!

手順①:購入したいNFTを探す

まずはOpenSeaのサイトで、ナビゲーションにある「Explore」を開いて好きなジャンルを選びましょう。

今回は「特にこだわりがない」という前提で、「All NFTs」を選択していきます。

how-to-start-nft8

※すでに買いたい作品が決まっていたら、検索ボックスで作品名を検索してください。通常は「買いたい作品がすでにある」という場合がほとんどです!

そうすると、NFTの作品が一覧で表示されます。

how-to-start-nft9

この中から、自分が購入したいと思える作品を探してみてください。

なお、左サイドバーで以下のように設定すると、作品を探しやすくなります。

  • Status:Buy now(すぐ買える作品)
  • Chains:Ethereum(自分がNFTを購入できるブロックチェーン)
how-to-start-nft11

ぜひ上記に絞り込んでみてください!

手順②:購入ページで「Buy now」をクリックする

購入したいNFTが決まったら、作品をクリックしましょう。

すると購入ページに遷移するので、ここで「Buy now」を選択します。

how-to-start-nft12

確認画面が表示されるので、「Checkout」をクリックしてください。

how-to-start-nft13

あとはMetaMask(メタマスク)で署名すれば、NFT作品の購入が完了します!

ちなみにNFTを買うときはガス代(手数料)が発生します

自分が持っているイーサリアムは満額使えないことに注意しましょう。

OpenSeaでNFTを出品する方法

NFTを出品するには、以下の3ステップが必要になります。

OpenSeaでNFTを出品する方法
  1. コレクションを設定する(※省略可)
  2. アイテムを作成する
  3. NFTを販売設定する

コレクションは、いうなれば「ブランド名」です。

以下の例だと、各作品がアイテムで、コレクションがAzukiになります。

how-to-start-nft14

コレクションは設定しなくても大丈夫です。

でも有名なNFTプロジェクトは、だいたいコレクションが設定されていて、そのなかで統一された作品が出品されています。

手順①:コレクションを設定する(※省略可)

まずはOpenSeaで画面右上のアイコンマークから「My Collections」をクリックします。

how-to-start-nft15

ここで「Create a collection」を選択しましょう。

how-to-start-nft16

この画面でコレクションの設定をおこなっていきます。

how-to-start-nft17

各設定項目の意味は、以下のとおりです。

  • Logo image:コレクションのロゴ(アイコン)になる画像
  • Featured image:OpenSeaのサイト内で使われるコレクションのイメージ画像
  • Banner image:コレクションページ上部のバナーで使われる画像
  • Name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの説明
  • Category:コレクションのカテゴリー
  • Links:SNSやメディアのリンク
  • Royalties:転売時に発生するロイヤリティ
  • Blockchain:使用するブロックチェーン
  • Payment tokens:作品の販売で使う通貨
  • Display theme:作品の表示方法
  • explict&sensitive content:刺激的なコンテンツ(Yes / No)

ただし、必須項目は「Logo image」と「Name」だけです。

NFTの出品を体験したいだけなら、この2つだけ設定すれば問題ありません。

各項目を入力できたら、最後に「Create」をクリックしましょう!

手順②:アイテムを作成する

コレクションを設定できたら、次にアイテムを作成していきます。

OpenSeaのトップ画面で「Create」をクリックしましょう。

how-to-start-nft18

このページで自分のコンテンツを元にNFTを作成していきます。

how-to-start-nft19

各設定項目の意味は、以下のとおりです。

  • Image, Video, Audio, or 3D Model:NFTにしたい作品をアップロード
  • Name:NFTの作品名
  • External link:作品の説明で使う外部リンク
  • Description:作品の詳細
  • Collection:該当するコレクション(※手順①で作成したもの)
  • Properties:NFTが持つ属性・性質
  • Unlockable Content:NFTの所有者のみ解除できるコンテンツ
  • Explicit&Sensitive Content:刺激的なコンテンツ(Yes / No)
  • Blockchain:使用するブロックチェーン

「Collection」は、手順①でコレクションを作成していれば設定しましょう。

ただNFT作品を出品するだけなら、「Image, Video, Audio, or 3D Model」と「Name」だけで事足ります。

how-to-start-nft20

また上記項目以外で、以下のようにNFTのステータスを決めることができます。

  • Levels
  • Stats

このあたりは、主にNFTゲームで登場するキャラクターで、必要に応じて設定することになります。

なかなかNFTゲームを作る人はいないと思うので、今回はスキップしましょう!

無事に作成できると、以下のような画面になります。

how-to-start-nft21

手順③:NFTを販売設定する

ここまでの手順で、OpenSeaにNFTを登録できたので、あとはNFTの販売設定していきます。

登録完了画面をリロードすると、右上に「Sell」ボタンが表示されるのでクリックします。

how-to-start-nft22

もし作品画面を閉じていたら、サイト右上のアイコンマークから「My Collection」を選択して、コレクションのページを開きましょう!

how-to-start-nft23

コレクションページから、先ほど登録したアイテムを確認できます!

how-to-start-nft24

話を戻して、「Sell」をクリックすると、販売方法を設定するページに遷移します。

ここで「どうやって売るのか」を設定していきましょう!

how-to-start-nft25

販売方法を決めて「Complete listing」をクリックすれば、NFTの出品は完了です!

NFTを始める上での注意点3つ

how-to-start-nft26

最後にNFTを始める上での注意点を確認しておきましょう。

NFTを始める上での注意点3つ
  • 送金ミス
  • 秘密鍵やシードフレーズの流出
  • 親切を装った偽サポート

これらを知らないと自分の資産を失う可能性があるので、しっかり確認しておきましょう。

注意点①:送金ミス

NFTの基礎になっているブロックチェーンでは、異なるチェーンに仮想通貨を送金できません

たとえば「イーサリアムのブロックチェーンから、Polygon(ポリゴン)というブロックチェーンにETH(イーサ)を送金する」のは不可能だということです。

もし異なるブロックチェーンに送金すると、その仮想通貨は一生取り戻せなくなってしまいます。

送金ミスでよくあるのが、Polygon(ポリゴン)上のETHを、コインチェックに送金してしまうケースです。

同じETHだとしても、ブロックチェーンが違うと全くの別物になります。

はやたす

言うなればPolygon(ポリゴン)上のETHはパチモノです!

もしPolygon上のETHをコインチェックに送りたかったら、Ethereum上のETHに戻してから送金する必要があります。

※このあたりは仮想通貨の基礎なので、もし理解できていないところがあったら、拙著「1時間で入門!失敗しない仮想通貨投資の始め方」がオススメです。

注意点②:秘密鍵やシードフレーズの流出

仮想通貨ウォレットは、パスワードを忘れたりパソコンが壊れたりしても、シードフレーズがあれば復元できます

これは言い換えると、「シードフレーズを流出してしまうと、他の人にウォレットを乗っ取られてしまう」ということです。

だからシードフレーズは、絶対に流出しないようにしましょう!

また、ウォレットから仮想通貨を送金するとき必要な「秘密鍵」も、同様に流出しないようにしてください。

秘密鍵を漏らしてしまうと、ウォレットにログインはされなくても資金を抜かれてしまいます

注意点③:親切を装った偽サポート

親切にサポートするように見せかけて、最終的に秘密鍵やシードフレーズを聞き出すのも鉄板の詐欺手法です。

Twitterで「〇〇が分かりません!」のように、初心者発言をしている人がターゲットにされています。

はやたす

仮想通貨の世界には、”DYOR”というスラングが存在します!

これは”Do Your Own Research”の略で、要するに「自分で調べよう」という意味です。

特に日本人は、分からないことがあるとすぐ質問する癖があります。

自分の大事な資産を守るためにも、誰かに質問する前に、まずは自分で調べようにしましょう。

まとめ

というわけで、この記事では「NFTの始め方・やり方」について紹介しました。

あとは以下の手順で、NFTを始めるだけです!

NFTの始め方・やり方5ステップ
  1. 国内取引所で口座開設する
  2. 国内取引所でイーサリアムを購入する
  3. MetaMask(メタマスク)をインストールする
  4. MetaMask(メタマスク)にイーサリアムを送金する
  5. OpenSea(オープンシー)のアカウントを作成する

いくら情報を得ても、実行が伴わないと何も意味がありません。

はやたす

NFTの理解を深めるには、やはり触ってみるのが一番です!

今なら先行者利益も狙えるし、迷っている時間すらもったいないです。

まずは口座開設だけでも良いので、さっそく行動していきましょう!

>>ビットフライヤーで無料口座開設する

NFTは難しそうだから、ちょっとだけ仮想通貨に触れてみようかな…」という場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ド素人でも失敗しない仮想通貨の始め方【3つの手順で資産を増やす】 こんにちは、はやたす(@hayatasuuu )です。 将来が不安で「資産を増やすために仮想通貨投資を始めよう」と思ったけど、なんだか難しくて挫折しそうになっていませんか?...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる